学生・保護者の皆様へ 新型コロナウイルス感染症対策への対応について

      学生・保護者の皆様へ

      新型コロナウイルス感染症対策への対応について


       令和3年5月7日、国より、「緊急事態宣言」の対象区域として福岡県が追加されました。

      今回の緊急事態宣言も学校への休校要請を伴わないものであり、当校は引き続き以下のガイドラインに則り感染対策をした上で通常授業を行ってまいります。


      ①学内では可能な限り密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、密集場所(多くの人が密集している)、密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声が行われる)を回避する工夫を行い、

      こまめな手洗い・咳エチケットを徹底し、感染及びその拡大のリスクを可能な限り低減しながら、教育活動を継続する。


      ②学内各箇所に消毒液の設置を行い、学生が手を触れる箇所(ドアノブ、手すり、スイッチ等)の消毒を定期的に実施する。


      ③学校での感染者及び濃厚接触者の発生についてはそれらを把握することに努め、個人情報の取扱いについては十分留意する。


      ④マスクについては、感染防止の観点から着用を常とし、通学時における公共交通機関利用時においてもマスクの常時着用を行うように指導を行う。また、マスクをとり外す際はアクリルガード、フェイスガードを利用するとともに教職員、講師の指導のもと飛沫などに十分配慮し、これらを認めることとする。


      ⑤学生及び教職員は毎日の登校・出勤前等の健康観察を行い、登校時も校門において検温及びアルコール消毒を行う。また体調がすぐれない学生は速やかに下校するよう指導する。


      ⑥緊急事態宣言期間中はご家族に高齢者や医療従事者がいる学生、ご家族または自身に基礎疾患のある学生、またコロナ状況下で不安を抱えている場合にはオンライン(通常授業を遠隔で参加)での授業参加を認め、出席とする。


      ⑦教室等は24時間換気を行い、授業実施時においても換気を定期的に行う。


      ⑧学内で食事をとる際は前後の手洗いを徹底し「対面にならない」、「会話を控える」などの指導を行う。


      ⑨学生・教職員の感染が判明した場合等の対応については別紙「【県立学校】生徒・教職員の感染が判明した場合等の対応」に準じ対応する。

      当学園サイトの内容、画像、テキストの無断掲載・無断使用を固く禁じます。また、各種まとめサイトなどへの引用を固く禁じます。