音楽アーティストダンスヴォーカルコース

磨いた歌唱力は
グループで発揮
する。
それが観客をひきつける。

「見ていても聞いていても魅せられるアーティスト」を目指して学んでいきます。
年に数回、審査員の方を迎えて行われるオーディションがあり、それに向けてセルフプロデュース力を授業内で学びます。
ヴォイストレーニングや課題曲などでヴォーカルの基礎力を身につけ、それに加えダンスの基礎を身につける事によって姿勢や体幹も鍛えていきます。
ダンス&ヴォーカルを両方行う事で体力をつけ、複数人数でハーモニーやフォーメーションをつける事で協調性を養い、授業内で人前に立つ機会を多く作る事で、アーティストとして見られている意識を持つことを目標としています。

ヴォーカルもダンスもやってみたい。昨今の音楽シーンで求められている技術を学んでいきます。

歌唱力やダンスのスキルだけではなく、表現力を磨くことで、ステージ上で輝けるパフォーマーを目指します。

グループ、ユニットでのライブパフォーマンスも非常に重要な要素。それぞれの歌、振付のシンクロがカギとなります。

ダンス、ヴォーカルのプロフェッショナルとして活躍するために、授業で掴んだ技術をライブやオーディションで発揮しましょう。

活躍するフィールド

  • ヴォーカリスト
  • ダンス&ヴォーカルグループ
  • ダンサー ...etc.

カリキュラム例

表現歌唱(ステージング)

課題曲をもとに、ビブラートやファルセットなどの
歌唱テクニックに加え、より楽曲を魅力的に
表現するためのステージングをレッスンします。

ダンス

Hip-Hop を中心に、基礎となるリズムの取り方から、
実際に振付をする応用まで、ライブパフォーマンス
するうえで必要な表現力を身につけます。

グループヴォーカル

振付・ハーモニー・リズムなど、
複数名による声とパフォーマンスの
共存をグループの中で学びます。

実技科目
  • ダンス
  • 表現歌唱1(ベーシック)
  • 表現歌唱2(ステージング)
  • 表現歌唱3(オーディション)
  • ヴォイストレーニング
  • Rap
講義科目
  • グループヴォーカル
  • ステージパフォーマンス
  • コーラス
選択科目
  • バンドアンサンブル
  • ヴォーカル
  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • ベース
  • ドラム
  • ダンス
  • DAW

選択授業は、音楽アーティスト科の授業であれば、
コースを問わず受講することができます。

時間割(例)

MON TUE WED THU FRI SAT
1時限目 業界基礎知識 表現歌唱3
(オーディション)
選択科目 表現歌唱2
(ステージング)
ダンス スタジオ
レンタル

BAS
2時限目
3時限目 ステージ
パフォーマンス
ボディ
サイエンス
表現歌唱1
(ベーシック)
グループ
ヴォーカル
4時限目
放課後 スタジオレンタル

TEACHER主な講師紹介

小野寺 香織

ダンスヴォーカルコース講師

小野 智子

ダンスヴォーカルコース講師

中村 悟

ダンスヴォーカルコース講師

TOMOKO

ダンスヴォーカルコース講師

講師一覧はこちら

COURSE一緒に見られているその他のコース

音楽アーティスト科
ARTIST

音楽アーティスト科詳細ページへ

ESP学園独自のカリキュラムで、目指すはアーティストデビュー!

音楽アーティスト科では、学生たちの納得がいく未来を目指し、それぞれの夢や目標に合わせたプログラムでバックアップします。また学内、学外含めて多数のオーディションへのチャレンジする機会が豊富です。

コース一覧