音楽アーティストキーボードコース

作曲も演奏も
キーボーディストとして
音楽をつくりあげる

昨今のJ-POPやアニメソングに欠かせないシンセサイザー サウンド。特にライブパフォーマンスにおいてはキーボーディストの需要が上がりつつあります。
ステージでの演奏はもちろんのこと、近年は実際には演奏しないパートをDAWソフトを使用して同期として流すマニピュレーターを兼ねることもしばしばです。
音符やコードの読み方などの初歩的な音楽理論から、実際に楽器を使っての演奏実技、シンセサイザーの音色作りなどを現場経験豊富な講師陣が指導します。加えて、マニピュレーターにも対応できるようパソコンやDAWソフトの使い方、打ち込みやレコーディング、さらには作曲法など、ライブ・制作の現場でマルチに活躍できる人材を育てていきます。

キーボードコースという名前ですが、演奏だけでなく作曲・DTM(Desk Top Music)の要素も強いコースです。

さまざまなジャンルの音楽に触れながら、楽曲の中で生きるキーボードの演奏法やスケールを学びます。

音楽理論と作曲・DTMを学び、自分で制作した楽曲をステージ上で表現できるキーボーディストを目指します。

キーボーディストとしてだけではなく、マニピュレーターとしてバンドを支える存在を目指します。

活躍するフィールド

  • キーボーディスト
  • バンド
  • スタジオミュージシャン
  • サポートミュージシャン ...etc.

カリキュラム例

演奏実技

さまざまなジャンルの曲を学び、
キーボーディストとしての
基本的な演奏技術を習得します。

作曲&アレンジ

バンドサウンドに彩りを加えるための
アレンジ方法を学びます。

サウンドメイキング

基本的な音のつくり方から、
シーンに合わせた
応用的な音づくりまでを幅広く学びます。

実技科目
  • キーボードベーシック
  • シーケンス・テクニック
  • DAW
  • 選択授業
  • アンサンブルテクニック
  • サウンドメイキング
  • 演奏実技
  • リズムトレーニング
講義科目
  • 音楽理論
  • ジャンル別研究
  • スコアリーディング
  • 作曲&アレンジ
  • 音響理論
  • 楽器別研究
選択科目
  • バンドアンサンブル
  • ヴォーカル
  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • ベース
  • ドラム
  • ダンス
  • DAW

選択授業は、音楽アーティスト科の授業であれば、
コースを問わず受講することができます。

時間割(例)

MON TUE WED THU FRI SAT
1時限目 ベーシック
キーボード
シーケンス
制作実習
選択科目 サウンド
エディット
ジャンル別
奏法実技
スタジオ
レンタル

BAS
2時限目
3時限目 DAW基礎 音楽理論 スコアリード アンサンブル
テクニック
4時限目
放課後 スタジオレンタル

TEACHER主な講師紹介

藤原 泰斗

キーボードコース講師

EHAMIC

キーボードコース講師

小澤 慎吾

キーボードコース講師

永川敏郎

キーボードコース講師

講師一覧はこちら

COURSE一緒に見られているその他のコース

音楽アーティスト科
ARTIST

音楽アーティスト科詳細ページへ

ESP学園独自のカリキュラムで、目指すはアーティストデビュー!

音楽アーティスト科では、学生たちの納得がいく未来を目指し、それぞれの夢や目標に合わせたプログラムでバックアップします。また学内、学外含めて多数のオーディションへのチャレンジする機会が豊富です。

コース一覧