音楽アーティストドラムコース

バンドの要
ドラマーとして必要な
プロの技術を学ぶ

バンドやアンサンブル(合奏)の要ともいえるドラム。磨かなくてはいけないスキルはたくさんあると思うのですが、まず一番大切なことはバンドのどのメンバーよりも演奏、そして音楽を楽しむことが大事なパートです。様々なジャンルに通用するテクニックや知識、演奏のスタイルを磨きつつ「このドラマーと一緒に演奏したいな」と共演した皆から思ってもらえるような人間性を育成することを念頭におき、楽しみながら音楽を学びます。
また、スティックコントロールやルーディメンツといった打楽器奏者必項の基本テクニックも普遍な物と実用性を考えた本校独自のカリキュラムで学びます。

バンドの要、ドラム。叩き出すリズムが全体のグルーブに大きな影響を与える重要なパートです。

少人数制授業の採用により、教室にはひとり1組ずつドラムセットがあるのも魅力のひとつです。

リズムトレーニングはドラマーに必要不可欠です。コツコツと確実に、リズム感を鍛えましょう。

演奏法だけでなくドラムのチューニングやDAWについても学び、アカデミックなドラマーを目指します。

活躍するフィールド

  • ドラマー
  • バンド
  • スタジオミュージシャン
  • サポートミュージシャン ...etc.

カリキュラム例

ベーシック

文字どおりドラマーとして
絶対に知っておきたい「基礎」を
身につける授業です。

ドラマー学

ドラムの役割やドラム譜、
コードなど、音楽を楽しむため
に必要な知識を学びます。

選択実技

学ぶジャンルをロック、
ジャズと大きくふたつに分けて自分が
身につけたい要素を選んで学びます。

実技科目
  • ベーシック1
  • グルーブ1
  • グルーブ2
  • リズムトレーニング
  • ドラマーのためのギター
  • コンビネーション
  • フィジカルトレーニング
  • スティックコントロール
  • REC 実技
  • 選択実技
  • Drum & Bass
講義科目
  • ドラマー学
  • イクイップメント
  • DAW
  • 主任講義
  • チューニング講座
  • リズム論
選択科目
  • バンドアンサンブル
  • ヴォーカル
  • エレキギター
  • アコースティックギター
  • ベース
  • ドラム
  • ダンス
  • DAW

選択授業は、音楽アーティスト科の授業であれば、
コースを問わず受講することができます。

時間割(例)

MON TUE WED THU FRI SAT
1時限目 ドラマー学 グルーブ1 選択科目 イクイップメント フィジカル
トレーニング
スタジオ
レンタル

BAS
2時限目
3時限目 ベーシック1 リズム
トレーニング
コンビネーション 主任講義
4時限目
放課後 スタジオレンタル

TEACHER主な講師紹介

滝沢 光一

ドラムコース講師

八木 一美

ドラムコース講師

TO-BU

ドラムコース講師

川端 諒太

ドラムコース講師

講師一覧はこちら

音楽アーティスト科
ARTIST

音楽アーティスト科詳細ページへ

ESP学園独自のカリキュラムで、目指すはアーティストデビュー!

音楽アーティスト科では、学生たちの納得がいく未来を目指し、それぞれの夢や目標に合わせたプログラムでバックアップします。また学内、学外含めて多数のオーディションへのチャレンジする機会が豊富です。

コース一覧